日本オステオパシーメディスン協会


オステオパシーの基礎から応用まで学べます。
by japan-osteopaty
外部リンク
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
記事ランキング
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧

バラルD.O.より受講する方々にメッセージ

親愛なる受講される方々に

脊柱の痛みは、患者がオステオパシー治療を受ける最大の原因です。
効果が持続する治療を行うことは容易ではありません。もちろんこれは慢性的な症状の話です。

b0250852_17265398.jpg

b0250852_1732958.jpg

このセミナーで私が教えるのは、脊柱と骨盤をその靭帯の軸に基づいて治療することです。
一連のマニピュレーションは、正確な引き伸ばしをベースにしており、すべてまったくオリジナルで革新的なものです。
加えて、脊柱の血管神経系および脊柱と内臓や心理・感情との関係もセミナーで学びます。
b0250852_17325979.jpg

b0250852_17345311.jpg

かくも美しいオステオパシーという仕事には、繊細な技巧が求められます。
解剖学の知識と実習があってはじめてできることであり、多大な謙虚さが必要です。
口先ではごまかしがきいても、手を使う仕事では嘘はつけません。
家具職人が自分の仕事を絶賛しても、家具の出来栄えだけが悪ければ何もならないのと同じことです。
セミナーでは、新らたな研究対象になっている椎間円板のスペシフィック・テクニックも取り上げます。
私の培った40年以上に亘る経験をみなさんと分かち合うことは、私にとって喜びであり、名誉なことです。

ジャン=ピエール・バラル(Jean`Pierre Barral)

b0250852_17381058.jpg

[PR]

by japan-osteopaty | 2016-02-29 17:40 | 国際セミナー案内
<< 新マニピュレーション・アプロー... オステオパシートレーニング 頭... >>