日本オステオパシーメディスン協会


オステオパシーの基礎から応用まで学べます。
by japan-osteopaty
外部リンク
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
記事ランキング
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


バラルD.O.より受講する方々にメッセージ

親愛なる受講される方々に

脊柱の痛みは、患者がオステオパシー治療を受ける最大の原因です。
効果が持続する治療を行うことは容易ではありません。もちろんこれは慢性的な症状の話です。

b0250852_17265398.jpg

b0250852_1732958.jpg

このセミナーで私が教えるのは、脊柱と骨盤をその靭帯の軸に基づいて治療することです。
一連のマニピュレーションは、正確な引き伸ばしをベースにしており、すべてまったくオリジナルで革新的なものです。
加えて、脊柱の血管神経系および脊柱と内臓や心理・感情との関係もセミナーで学びます。
b0250852_17325979.jpg

b0250852_17345311.jpg

かくも美しいオステオパシーという仕事には、繊細な技巧が求められます。
解剖学の知識と実習があってはじめてできることであり、多大な謙虚さが必要です。
口先ではごまかしがきいても、手を使う仕事では嘘はつけません。
家具職人が自分の仕事を絶賛しても、家具の出来栄えだけが悪ければ何もならないのと同じことです。
セミナーでは、新らたな研究対象になっている椎間円板のスペシフィック・テクニックも取り上げます。
私の培った40年以上に亘る経験をみなさんと分かち合うことは、私にとって喜びであり、名誉なことです。

ジャン=ピエール・バラル(Jean`Pierre Barral)

b0250852_17381058.jpg

[PR]

by japan-osteopaty | 2016-02-29 17:40 | 国際セミナー案内

オステオパシートレーニング 頭蓋 2016年2月20日

オステオパシートレーニング 頭蓋に関する感想です。
多くの方がアンケートを書いていただきました。

本当にありがとうございました。たいへん好評でしたので、また、いつかこのようなトレーニングを計画したいと思っております


1.頭蓋オステオパシーはどこを意識してどのようにうごかしていくかなど、いつもとてもわかりやすく、実践させていただき本当にいい体験だし、やっていて楽しかったです。また、セミナーをやって欲しいです。

2.ありがとうございました。

3.テクニックのコツをつかむのが難しいですが、一つひとつの動きをていねいに教えていただきましたので理解することができました。今回開催しているようなオステオパシートレーニングをまたおこなってほしいです。

4.頭蓋について興味がありましたので、今回参加できて良かったと思っています。2回目の者として仕方がないと思うのです。
初心者としては説明だけでは良く理解できないです。
講師の先生に実際に同じように同じ位置で見せて欲しいです。
数多く習うよりも、一つの事を理解したいです。


[PR]

by japan-osteopaty | 2016-02-25 23:30 | オステオパシートレーニング

マグネット式 頭蓋模型 22分割

頭蓋マグネット模型 販売中!!

オステオパシーを勉強するなら頭蓋模型が必須です

頭蓋を勉強するのに絶対便利なマグネット方式です

完全分解してもたのしみながら元どうりに戻せます

持ち運びに便利なボックス付き

b0250852_1846564.jpg


 価 格:5万円税込+送料別 20個限定


お求めは下記まで

販売先 スティル アカデミィ ジャパン
〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町1丁目5-7 ユービル 7階 7D
℡03-6661-9028 月~金 10時~16時受付
または、メールjomaosteopathy@gmail.com

振込先 
ゆうちょ銀行
一般社団法人 スティル アカデミィ ジャパン
記号 10050 
番号77890821

<他金融機関から振り込む場合>
店名   〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番   008
預金種目 普通預金
口座番号 7789082
========================
[PR]

by japan-osteopaty | 2016-02-25 21:54 | 書籍・頭蓋模型

 訃報

偉大なオステオパスが亡くなりました。

サザーランドD.O.の最後の教え子の一人だったヴィオラ・M・フライマン ,D.O.,F.A.A.O。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

To Viola M. Frymann, D.O., FAAO, FCA

We extend to you our heartfelt condolences.

b0250852_2333460.jpg


フライマンD.O.が最後に日本に来日されたのは2003年です。

印象に残っているのは、セミナー当日の朝、敬けんなクリスチャンの先生は、教会でお祈りされたいとのことで、ネットで探して
通訳と4人で東京の教会にお祈りをされました。

b0250852_2342822.jpg


先生はベジタリアンでしたので、いつぐらいから始められたのでしょうか? と伺いましたところ、何と生まれた時からのベジタリアンだったそうです。ご両親がベジタリアンでした。
[PR]

by japan-osteopaty | 2016-02-06 23:04 | 海外ニュース

第3回オステオパシー・トレーニング


戦略的な頭蓋オステオパシーセミナー

講師:神永より・・・・

b0250852_1817451.jpg

戦略的な頭蓋オステオパシーセミナー
(2016/1/30土)への参加、ありがとうございました。


受講していただいた方からは、
「すごくわかりやすかった!」
「頭蓋オステオパシーの概念が変わりました!」
と、とても好評でした!ありがとうございます!

今回のセミナーは、頭蓋テクニックの効果
をより高める「排液」がテーマでした。

頭蓋オステオパシーをする上で、
知っているテクニックをなんとなく選び、
なんとなく使う、、、、という
「なんとなく症候群」から卒業すべく、

頭蓋という領域を、より
”戦略的"に考えアプローチするという
意識の転換もしていただくという内容でした。


テクニックは、頭蓋の屈曲・伸展の動きが
わからない人でも、高い効果をだせる内容です。

習っただけでなく、明日からすぐに使えて、
しかも、しっかりとした効果をだせる
秘訣やコツも、お一人ずつお伝えしました。


もうちょっと時間があったらよかったなぁ
という感じでしたが、皆さん、
しっかり頑張っていただきました。


次回は、2/20(土)です。
引き続き「戦略的頭蓋オステオパシー」
シリーズです。

今回のテクニックにプラスして
高い効果をだせる内容と、
そして戦略的アプローチをお伝えします。
もちろん、初めて参加の方にも、
充分活用できる内容です。

お楽しみに!(^-^)/

------------------------------------------------------
[PR]

by japan-osteopaty | 2016-02-02 18:18 | 国内セミナー