日本オステオパシーメディスン協会


オステオパシーの基礎から応用まで学べます。
by japan-osteopaty
外部リンク
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
記事ランキング
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧

新マニピュレーション・アプローチ【体幹】

新生JOMAの国際セミナー

バラルD.O.の最新治療(体幹編)を受けて
           

 日本橋はコレド室町の瀟洒な通りをまっすぐに、少し歩くと、レンガ作りの古風で立派なビルにいたる。このビルの7階、新生JOMAの自前の教室で、G.W.の4日間、世界的権威バラルD.O.による「新マニュピレーションアプローチ(体幹編)」のセミナーが開催された。
 他団体からも数多く参加者が出て、けして小さくない、その会場は、満員御礼、熱気にあふれる状態であった。この団体特有のオープンでフレンドリーな雰囲気そのままで、初心者からベテランまで皆、熱心に講義を受けた。
b0250852_23134724.jpg

 バラル先生やアシスタント役のジスレンヌD.O.は、全ての参加者に対して、何度も、直接手を取り、身体に触れて、笑顔を絶やすことなく、生徒に教えを授けた。創始者スティルや頭蓋治療創設者のサザーランドとならび賞される世界的権威から直接教えを受け、直に質問をし、楽しく時を過ごすことはそう多くはない貴重な体験で、本当に素晴らしい時間を参加者は過ごすことができた。
 バラル先生は、傾聴による診断も、電磁波レベルでの対応も含め、かなり高度な話を語り、身体へのアクセスも膜のみならず、皮膚・筋・靱帯・神経・血管その他全ての構造への処置として体系立てられた、まったく新しいアプローチについて多くの教えを授けた。

b0250852_23151676.jpg

 さらに、このバラル先生最新の治療法において、今回JOMAでは日本初の公認インストラクターが誕生した。バラル先生が自ら患者役までこなし、直接試験をして下さった。
 特に、2人の受験者について、その診断技能を高く評価し、パーフェクトでの合格を与えて絶讃した。その夜の会長との食事でも、バラル先生はその試験で示された技量レベルを絶讃し、何度も驚きを口にした。しかも、翌日、講義冒頭に、参加者の前で再び賛辞を示した。
 「昨日私は2人の同僚を試験した。そこで示された技量はとても高度で素晴らしく、本当に驚いた。ヨーロッパで行ってもここまでのものは、なかなか見られない。とてもよかった。」

b0250852_23181982.jpg

 ここで賞賛された公認インストラクター達は、バラル先生の提案で始まった、日本初の海外カリキュラム教育機関SAJの卒業生であり、フランスの国家資格であるオステオパスの認定校ATSAのディプロマを取得している。
 バラル先生が主宰するオステオパス(ディプロマ取得者)向けの高度専門教育機関BOTOとJOMAの正式提携がセミナー最終日に発表されたが、このSAJ卒業生は、現在、オステオパスD.O.取得のための論文過程に進んでおり、今後、オステオパスとして活動する際に、さらに高度な教育を受けるためには、このSAJ基準(多くの日本のオステオパシー学校はその基準の半分レベル)のディプロマがスタンダードとなり、必須となることは間違いないように思われる。

 しかし、まだこのレベルに達していない、多くの手技療法家に対しての教育機関としてJOMAの国内セミナーがあるが、実はこのJOMAがバラル・インスティチュートの日本支部であることはあまり知られていない。今後、新生JOMAでは、バラル・インスティチュートのカリキュラムを取り入れたり、海外からの講師派遣を受けたりして、各種認定セミナー・試験を行う予定である。

有資格者対象の世界水準の基礎教育機関であるSAJ、ディプロマ取得者向けの高度専門教育機関BOTOと、この新生JOMAではオステオパシーについての一貫した教育体制が確立することになる。その最初の第一歩が、このバラルセミナーで初めて明かされた。

 参加者は、バラル先生の高度な講義内容とともに、彼のJOMAへの愛、その手厚いサポートを目の当たりにした。そしてJOMAの活動の実際を知り、穏やかかつ親切で熱心な雰囲気を体験し、まさに今、日本のオステオパシーの歴史的な転換点に参加していることを実感することになった。

 現在、SAJでは三期生を募集しているが、「この波に乗れるかどうか、それが今後の自分のオステオパシー人生を大きく変える」という感想を、少なくない参加者が胸に刻んだ。

このG.W.のバラルセミナーは、そんな熱意と希望にあふれるセミナーであった。
[PR]

by japan-osteopaty | 2016-06-21 23:20 | 国際セミナー案内
<< 無料腰痛オステオパシーセミナー  バラルD.O.より受講する方々... >>